アダストリアロジ 物流センター増築、ECの将来需要に対応

【Pickup】

 

 衣料品・雑貨などの企画・製造・販売を手掛けるアダストリアのグループ会社で、グループの商品流通を一括管理するアダストリア・ロジスティクス(茨城県東茨城郡茨城町)は9月21日、「茨城西物流センター増築計画」の設計施工者としてナカノフドー建設を選定した。既存物流センターを稼働しながら増築工事を行い、完成後は一体の物流センターとして利用する。


 計画地は、北関東自動車道茨城西IC至近に位置し、広域配送に適した立地。親会社のアダストリアが展開する各店舗へのDC機能に加え、拡大するECの将来需要にも対応できる施設となる。


 茨城西物流センターは鉄骨造り平屋建て、敷地面積は約7万4000平方m、増築後の延べ床面積は約5万1600平方mで10月から設計、18年3月に着工、同年9月の引き渡しを目指している。


 計画にあたり、基本構想から竣工引き渡しまでのコンストラクション・マネジメント(CM)業務をプラスPMに委託し、施設仕様の設定や基本計画策定、建設費の抑制と品質向上、事業推進に役立てている。


◎関連リンク→ 株式会社アダストリア

 
 
 

最新ニュース