オリックス 物流施設着工、災害備え機能充実

【Pickup】

 

 オリックスは9月25日、神奈川県厚木市で「厚木Ⅱロジスティクスセンター」の建設工事に着工したと発表した。竣工は来年8月。同社では現在、入居企業を募集している。


 鉄骨造り4階建てで延床面積は9955坪。1階に47台分の屋内トラックバースを配置し、4基の荷物用エレベーターや事務所スペースなど、複数テナントに分割対応できる仕様を備えている。


 法定規準を上回る屋内消火栓や防火水槽に加え、連結送水管を自主設置するなど、災害に備えた機能を装備。さらに、BCP対策として、非常用発電機を導入し、万一の際もエレベーターや事務所の照明の使用を一定時間継続でき、物流機能の停滞回避が可能となっている。


◎関連リンク→ オリックス株式会社

 
 
 

最新ニュース